はるる⭐︎ADVENTURE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

長女から見る、末っ子は潜在的に甘え上手は海外共通と思う

はるるは、妹と二人姉妹。長女である。

 

はるるのフィアンセ、ブレット(オーストラリア人)は、離婚歴があり、

3人の子供がいる。

 

子供達は、母親と一緒に生活しているが、週末になるとブレットに家によく遊びにくる。

 

元嫁とブレットの仲も、子供のことではお互いに責任はあるけど、友人といった感じ。

ブレットにははるるというフィアンセがいるし、元嫁にも彼氏がいる。

子供達はその状況を受け入れているし、むしろ楽しんでいる。

 

・・・日本ではあまり考えられない関係性だけど、個が尊重されていて、個が責任を全うしている。って感じかな~。

 

はじめは、そんなオープンな家族関係が信じられなかったが、今は、ありがたいと思っている。

 

子供達は、ステップマザー(継母⇒日本語で書くと意地悪な感じ。)として、はるるになついてくれている。

ブレットと、子供達を迎えに行く時も、元嫁とはるるも普通に話をする。

関係性だけで、壁を置くことがないので、非常に付き合いやすい。

 

3人兄弟は、長男(長子)(13)⇒長女(中子)(12)⇒次男(末っ子)(7)。

 

娘は、ちょっとオテンバ。

兄弟のなかで、唯一サーフィンに興味をもっていて、2年前から始めた。

はるるが訪豪する時も、一緒にサーフィンに行くのを楽しみにしてくれている。

朝、ウォーキングするよ!っていうと、喜んでついてくる。

買い物行くよっていくと、喜んでついてくる。

 

残りの男2人は、インドア派っていえば聞こえがいいけど、パソコンでゲームばっかりやっている。

 

ただ、長男は、面倒見が良いし、家事も積極的に手伝ってくれる。・・・良くできた息子。

はるるは長女なので、長男の気持ちが良く分かる。長子っていうだけで、理不尽なことで、親に怒られたりする。下の兄弟たちが悪いことしたとしても。

産まれてからずっともう何百回、何万回と聞かされた、

「あなたは長男(長女)なんだから」

的な言葉がブレットからでると、長男とよく目があって、

「クレイジーパパ」って人差し指をこめかみの横でクルクル回すアクションをしてくる。

「分るよ~。まいっちゃうよね。」って二人で笑っている。

 

が、末っ子の次男は、やりたいことにとっても素直。

遊ぶのも全力。

すねるのも全力。

怒るのも全力。

⇒幼少のころのはるるの妹を思い出さされる。

甘え上手で、何かあるとすぐ泣いて、お母さんに抱き着く。。。

 

ずるい!! 

長女は素直に甘えられない。 

我慢して、涙をぬぐう。

甘えるのがへたくそで、理論で自分の希望を通そうとする。

ブレットの長男も、何か欲しいときは、何故ほしいのかっていうのを、一生懸命ブレットに説明する。

 

が、次男は、

「ねぇ、ねぇ、お父さん、これ買っちゃダメ? ゲームしちゃダメ? テレビみても良い???」

と、背中で両手を組んで、上目遣いでお願いしてくる。。。。

 

・・・・・・こいつ心得ている。。。

 

 

ほとんどの場合、このお願い攻撃で、ブレットは知らないうちに敗北している。。。

 

恐るべき、末っ子パワー。。。

 

そんな可愛いそぶりをするくせに、プレステのゲームを一緒にやっていると、はるるのキャラクターを平気で殺して、高笑いしてくる・・・鬼だ。。。

 

 

とまあ、そんなバックグラウンドがあっての、はるるが訪豪した時のある週末。

 

その週は、祝日もあって3連休。

 

子供達は3日間全部、ブレットの家に来た。

 

お昼は庭でBBQランチをした。

ランチ後、次男がプールに入りたいといいだした。

5月初旬、オーストラリアは夏~秋にむかう時期。

プールに積極的に入りたくなるような気温でもなく、そこにいる全員に断れる。

 

再度、一生懸命みんなにお願いする⇒断られる・・・と、何かをきっかけに怒って泣き出した。。。。。体育座りで膝をかかえて泣いている。

話をきくはるる、「ねぇ。じゃあさ、誰と一緒に入りたい?はるるが代わりに聞いてあげるよ。。。」 じろ、っとはるるを見上げた。「YOUと、ケイシャ(娘)!!」

 

・・・・は??? おい、子供だけ指名しろよ。はるるを指名するな。。。

 

が、時すでに遅し、上目使いではるるを見てきた・・・・・・・負けた。。。

肌寒いのに、水着に着替えるはめになった。。。

 

。。。。。鬼が再来。水鉄砲を持ち出して、容赦なくはるるに水をかけてきた。。。

 

おい、おまえ、さっきまで、泣いてたんだろ?

 

・・・・末っ子は、泣くのを武器とし、恥だとは思わないらしい。。。

 

ひとしきり、プールで遊んで、自分が充分遊んだと思ったら、さっさとシャワーを浴びだした。。。。

どこまで、自由なんだ、おまえ。。。。

 

で、その後、着替え終わってから、今度は、パソコンでゲームがやりたくなったらしい。

一応、ゲームは何時~何時って決められている。

 

その時間ではない ⇒ 外で、BBQの片づけをしているブレットに聞きに行く。「お父さん、ゲームしちゃダメ?」

 

断られる。⇒ 家の中に戻ってきて、長男の横に座ってクッションかかえてつまらなそうにしている。

 

長男「バカだな~お前、もう一回お父さんのとこいって、Please、Please、Pleaseって、良いよっていうまで、何回もいってみろよ。お前が言えば、お父さん、ゲームしていい。って言うからさ!」

 

長男もなかなかの策士である。ここで、ブレットがOKだせば、自ら手を汚すことなく、自分も大好きなゲームができる。。。しかも、自分がこの戦法をつかっても許しがでないということを心得ている。

 

次男再び、ブレットに挑む、、、「ねぇ、お父さん、どうしてもゲームしちゃだめ???お願い???Please、please,please,please・・・・・・・・・・!!!!」

 

ブレット「分った、分った、良いよ!!!」 ⇒知らない間に惨敗。

 

 

次男がもどってきた⇒ガッツポーズ!!

 

長男「だから、言っただろ???!!!」満面の笑み。

 

 

・・・・・恐るべし。。。

Sibling!

 

この後も、はるるは、プレステのゲームを一緒にやるはめになり、

何回も、殺されて、

長女と喧嘩をはじめたので、喧嘩するなら一緒にゲームもうしない!!

ってうまいこと逃げたと思ったら、数分後

「はるる~、もう、喧嘩しないからさ~、もう一回、一緒にゲームしようよ????」

と上目使い攻撃にあった。。。。。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・惨敗。。。

 

このあとも、はるるのプレステのキャラクターは高笑いとともに、何度も何度も殺されたとさ。。。。

 

こうして、小鬼:末っ子は世界に蔓延しているのだな。。。