はるる⭐︎ADVENTURE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

メディケア、保険無し、実費で病院に行ってみた!@ゴールドコースト

先日からオーストラリア、ゴールドコーストへ移住したはるるです。

 

はるるのビザは、Prospective Marigge Visaといって、結婚前提のビザ、通称フィアンセビザです。

 

今月、結婚をして、結婚証明書が発行されたらパートナービザに切り替え予定。

 

で、昨日、メディケアってオーストラリアの健康保険に加入しようとしたんだけど、はるるのフィアンセビザでは加入ができないことが発覚。パートナービザ発給まで、無保険、もしくは、任意の保険に加入しなければならない(泣

 

 

 

連日連夜、咳が止まらない症状に悩まされる

2年間の遠距離恋愛の末、ビザが発給されやっとブレットの元へ来ることができたんだけど、

40数年住んでいた日本、特に地元にも友達がたくさんいるわけで。。。

連日連夜、はるるのお祝い+さよなら呑み会が繰り広げられ、

日本出国時にはかなりの絶不調で風邪気味。。。。

 

で、その風邪が悪化したのか、到着直後から、連日連夜、咳がとまらず、ブレットにもママにも心配をかけまくっているはるる。。

 

昨日、見かねたブレットがドクターに連絡し、メディケア加入してないけど診察できるか?いくらかかるか?と聞いてアポイントメントをとってくれた。

 

メディケアがなくても診察はできる。ただし、診察は75ドル(約6000円)。クレジットカードも使えるよーとのこと。

 

高い!!!

 

って思うけど、これ以上、ママとブレットに心配されるのも申訳ないし、ママが病院まで連れてってくれるってことで話がすすんでいった。

 

病院へ

ということで、半ば強制的に病院へ。。。

 

受付でアポイントメントをとってある先生の名前と時間を伝え、問診票が手渡された。ママと一緒に問診票に書き込んでいく。

途中よくわからに質問もあったけど、ママが「ノ-」といえば「No」に、「イエス」といえば「Yes」に、言われるがままに答えるはるる。。。(←かなり人任せwww)

 

で、まつこと15分先生の診察。

 

病状を聞かれ、熱をはかり、聴診器で呼吸を診て終了。。。。

 

熱もないし、肺にも問題なさそうね。。。

でも咳が続くってことだから、薬(抗生物質)1週間分出しておきますね。。。

 

念のため粘液の検査するので、となりの建物へ行ってください。

 

と、あっさり、75ドル(6000円)の診察が終わった。

 

粘液検査、衝撃の痛さにはるる泣く

受付で会計をすませ、となりの建物で、粘液検査。。。

椅子に座らされ、ティッシュを手わたされ、上を見るように促された。

 

ちょっと痛いけど、すぐ済むから我慢してね~。。。

 

と極細の綿棒みたいなのを、鼻に突っ込まれた

 

 

超痛い~(泣

 

しかも、片方でなく両鼻。。。

 

いやでも、涙がでてくる。。。。

 

検査の結果は。。。

 

結果がでたら→ドクターへ→ドクターから患者へ連絡。

 

→患者はその結果をポストオフィスに行って受け取り。

 

で、その結果を受け取り時に金がかかるらしい!!!

 

・・・・75ドルだけじゃないのか。。。

っていうか、治ったらその結果取りに行かないかも。。。。

 

抗生物質(E-MYCIN)は23ドル(約1800円)

検査後、診察時に手渡された処方箋をもって、建物内の薬局へ。。。。

 

値段は23ドル、約1800円。。。

 

1日3回服用して1週間分。

 

 f:id:HaruruAdventure:20160715085430j:image

 

ということで、診察と薬で98ドルと、移住直後から痛い出費でした。

 

かすかな望み

98ドルと痛い出費ではあるが、背に腹はかえれません。

が、メディケア加入後、申請すれば医療費の返還がされるかも!?

とママが言っているので、とりあえず領収書は捨てずにとっておきます。

 

まとめ

ということで、

はるるは、風邪ひいて、実費で病院にいってみた。

診察料は75ドル

抗生物質は23ドル

だったよ。

もしかしたら、運よく、メディケア加入後に支払った医療費がいくらか返還されるかも!?

 

でした。