はるる⭐︎ADVENTURE

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

北海道苫小牧〜秋田までの新日本海フェリーが思いの外めちゃ楽しかった件

1月に日本へ一時帰国した際に、札幌の友人宅から愛知の実家へ戻る行程を、

 

同じく札幌から愛知に戻る友人の車で、北海道苫小牧市からフェリーを使って秋田へ

 

その後、秋田→山形→新潟→長野→岐阜→愛知、といったルートをたどりました。

日本海フェリー

札幌〜秋田までの船旅を、新日本海フェリーを利用しました。

www.snf.jp

 

北海道に行くときは飛行機ばっかで、フェリー旅は今回が初めて!!

 

苫小牧〜秋田航路、19:30出発 〜 明朝7:35到着の船を予約

 

夜の間に、フェリーで寝て、朝、着いてるよ。って時間節約型のダイヤです。

 

フェリー泊なんてのも初体験!

運賃

車の運賃

運賃は、車を乗船させる運賃+乗船する人数分の運賃となります。

 

車は車の長さによって値段が決まっています。期間によりますが、11,830円〜25,710円。(2017年3月現在)

乗客の運賃

車とは別に乗客の運賃が人数分必要になり、宿泊する部屋のタイプによって値段が変わります。

 

大部屋に雑魚寝型ツーリストJが、一番安く、4,530円〜5,040円

 

はるる達が泊まったのは、2段ベットが並んでいるツーリストBってタイプの部屋で、各ベットにロッカーがついていて、カーテンで仕切られています。

f:id:HaruruAdventure:20170321212824j:plain

脱ぎ捨てられたはるるのブーツがちょっと気になりますが。。。 

 

 

イメージ的にはカプセルホテル的なのかな。。。値段は、5,310〜6,290円

 

その他は、個室になってる、ステートルーム、デラックスルーム、スイートルームなどで、ま、当然値段が高くなります。

 

詳しくい値段表は”船舶紹介”で↓↓↓

www.snf.jp

予約

予約は、インターネット、電話、旅行会社でできるようです。

 

はるる達は、インターネットで予約、支払いはインターネットでカード払い。

 

乗船

出発一時間前に港へ、車を指定の位置へ止め(駐車場の案内の人が教えてくれる

。)受付に行って、予約の確認。

 

車の運転手は、車で待機。

 

運転手以外は、乗客用のターミナル(建物内)で待機。

 

アナウンスされたら、フェリニーにかけられた歩行者用の橋を渡って乗車。

 

船内で、運転手と再会。

 

って段取りでした。

食事

食事は、船内のレストランで食べることができます。

 

はるる達が利用した、フェリーは運行時間が、夜7時半出発、明朝7時35分着でしたので、夕食の時間と朝食の時間に営業。

 

晩御飯をはるるは、鯖の唐揚げ的な丼をオーダー、900円くらいでした。

f:id:HaruruAdventure:20170323193654j:plain

生ビールや、おつまみなんかもあって、軽く居酒屋気分も味わえそうです。

 

レストラン以外にも、売店があり、お菓子やビールの購入が可能です。

 

あと、乗船前に待合ターミナルにも売店があって、食料の買い込みができました。

 

ちなみにはるるは、ご飯も食べて、お風呂も入って、気分良くデッキに座って、札幌で買ったシャケとばをつまみに、ビールで一杯。

f:id:HaruruAdventure:20170325104209j:plain

ジャージに着替えて、すっかり楽チンモードです。

 

女性度0。

風呂

船内にはお風呂もあります!

 

意外に広くて、銭湯並み。

f:id:HaruruAdventure:20170325101305j:plain

女性客が極めて少なかったので、女性の浴場は、はるるとはるるの友達しかおらず、貸切状態。

 

船の揺れとともに、お風呂の水も軽く波を打って、海辺で遊ぶ子供のように童心にかえれて楽しかったです。

持ち物(車で乗船の場合)

友人の車での旅で、フェリー内でのスケジュールは、

 

  1. 食事をとる
  2. ビールを飲む
  3. 風呂に入る
  4. もう一度ビールを飲む
  5. 寝る

 

このスケジュールをこなす持ち物は、

  • 食事とビールのお金
  • 寝着
  • お風呂セット

のみを持ち込み。

寝着は、ジャージ等、船内をうろついてもそんなに恥ずかしくない程度の服装を着て、そのまま寝ると行ったスタイルなら、船内に持ち込む荷物は減らせます。

 

実際、乗船客はトラックの運転手さんが多く、皆さん、ジャージぽい服装に、靴もクロックスみたいな、すぐに履いて脱げるようなタイプのを履いてました。

 

旅慣れている人の持ち物のミニマリズム、準備の早さに憧れるはるるは、

 

まさにフェリー慣れしている運転手さんたちが眩しく見えました。

下船

フェリーからの下船時は乗船時と異なり、車の運転手以外も車に乗って下船できます。

 

到着が近づくとアナウンスが流れるので、その後、船底にある駐車場へ行って、自分たちの車に乗り込みます。

 

到着したら、そのまま車で下船してバイバイ!!

おまけ:フェリーからの風景

 

 雨でした。

窓が、水に濡れて、何だかよくわかりません(汗

f:id:HaruruAdventure:20170325102924j:plain

フェリーから眺める秋田港。

f:id:HaruruAdventure:20170325103001j:plain

まとめ

北海道苫小牧〜秋田まで、新日本海フェリーを利用したはるるですが、、、

  • 船旅がかなり新鮮体験で楽しい。
  • 日常を離れた雰囲気で呑むビールが美味い!!
  • 北海道でシャケとばとか買ってけばつまみになると。
  • レストランで食事もできる。
  • お風呂もはいれちゃうよ。
  • 今度は、お金奮発して、個室のふかふかベットで寝てみたい。。。