はるる⭐︎ADVENTURE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

仏教用語[中道]を英語で表すとしたら

Brett豪英和辞典

★キーワード★

・sitting on the fence


仏教用語で、「中道」ってあるのですが、極端になりすぎたり、偏ったりしないで、

真ん中、あるがままで行こうよ!といった言葉です。  
 
  
 
ブレットは、とってもポジティブ。あまり深く物事を考えない。なんでも適当で、

たまにイラっとさせられます。

”YOUは、too Positiveね!(ポジティブすぎる)”ってちょっと嫌味を言ったら、

”そう、僕は楽観的(optimistic)、悲観的(pessimistic)じゃないもーん!

はるるは、どっち?”

”わたしは、真ん中が好きなんですよ! 仏教ではね、中道っていう教えがあってね・・・・・・”

と、つたない英語能力で一生懸命伝えたら、

 

”あ、そう、you are sitting on the fenceね!”

と帰ってきた。

what? フェンスに座ってるってどういうこと!!!???

 

http://www.flickr.com/photos/84810436@N06/7764862292

photo by LorenzWorkz

sitting on the fence


今日のキーワードは、オージー特有の英語ではないようです。

ブレット曰くBritishEnglish(イギリス英語)じゃないかな?

ってことですが、

フェンスに座っているって意味ではなく、右も左も選ばない。って意味。

 

たとえば、

”仕事とあたし、どっちが大事なの?”

”お義母さんとあたしどっちが大事なの???”

と極端な質問が飛んできたときに、

どちらかの肩をもったり、どちらかを選ぶと火に油を注いだり、

”や、そんなこと言われても選ぶとかじゃやないし、、、”

 

なんて時に、

”I am sitting on the fence."

どっちも選ばない、 真ん中を採るよ。って答える場合に使えます。

 

ま、そもそも、そんな究極の選択を強要しないでいいような関係つくりを、

パートナーとはしていきたいですね。