はるる⭐︎ADVENTURE

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

オーストラリア ビザ申請に、認証コピーはいるのかどうか?

在日オーストラリア大使館にメール


ビザ申請に必要な書類が、いろいろいるわけですが、

オーストラリア大使館のホームページからダウンロードできる、

ブックレット に、全ての書類は原本ではなく、Certified copyしたものを、

提出するようにといった文面があります。

 

 

Certified copyは認証コピーというもので、指定の公共機関で公認されているコピー、

らいしいのですが、日本ではあまりなじみがない。

で、在オーストラリア大使館のホームページをみると、

”オーストラリア国籍申請者のため、もしくはオーストラリアで作成された書類、オーストラリアに提出が必要とされる書類、またはオーストラリアから要請された書類などが対象となります。”

とあり、

認証サービスができる日時が、火曜日と木曜日の午前9時半から午後12時まで。

1ページ、2800円。

 

 

ビザ申請時に認証コピーが必要とされる書類は、

・パスポート

・戸籍謄本を翻訳したもの

いったい何ページなんだろう。。っていくらかかるんだ。

おまけに、はるるの家から、大使館は新幹線で片道9000円はかかる。

ホームページには郵送による申請も受け付けているようなので、

パスポートと、戸籍謄本の翻訳したものを郵送で認証コピーができるか、

在日オーストラリア大使館へ問い合わせのメールをした。


 

http://www.flickr.com/photos/46018453@N06/10182089404

photo by Leshaines123

意外な返事


返事は翌日来た。(対応が早くてちょっと安心。)

そこには、意外な文面が。。。

”日本からPartnerビザ(Subclass300)を申請する場合、申請時には、どの書類も普
通のコピーをご提出いただいて問題ございません(ただし、無犯罪証明に関する書
類は原本提出が必要とされています)。ビザ審査中、審査先が認証コピーもしくは
原本を必要と判断した場合は審査官からご案内があります。

日本で認証コピーを取得するには、オーストラリア大使館内領事館、もしくはオー
ストラリア領事館にて有料サービスにて取得することが可能です。
オーストラリアでは、JP (Justice of Peace) が認証することが可能です。”

 

 

なんと、普通コピーでいけるみたい。

これは非常に助かる。

ただし、ビザの審査は今は、韓国の大使館で行っているので、

今後は、何か質問があれば、韓国のオーストラリア大使館へ

英語で質問してくださいとのこと。
Email: seoul-visa@dfat.gov.au

ってことなので、念のため、韓国のオーストラリア大使館に確認中です。

 

できれば、普通コピーでだしたい。

 

あ~、せめて、東京がすぐ近くだったら。。。。

全てが遠方なのが、はるるを憂鬱にさせる。。。。

 

※ ちなみに、ブレットにCertifiedCopyのことを聞いたら、

オーストラリアでは、警察やら、郵便局やら、認証コピーをできるところは

たくさんあって、1ページ3ドル~5ドル(300円~500円)。

大使館の方は、普通コピーで良いと言ってくれてますが、

ビザ申請の前に、オーストラリアに一度行った時に、

パスポートや謄本等の、認証コピーをしてくることにします。

 

※後日談・・・はるるは結局、はるるの書類は全て普通コピーで提出しました。

 

haruruadventure.hatenablog.com