はるる⭐︎ADVENTURE

はるる★ADVENTURE

オーストラリア人のダーリンと遠距離の末結婚→移住 ビザ、生活情報、英語、一眼レフカメラのことなど

スポンサーリンク

気象予測は英語じゃ爆弾って言うのかい???

★キーワード★

・BOM


 今日も、ダーリンのブレットと日豪遠距離Skype通話。

本当に、彼との会話は、何が飛び出てくるかわかりません。

天気に敏感なブレット。

Skype中に雨が降ってくると、そわそわするブレット。

雷なりなんか鳴ろうもんなら、興奮しまくるブレット。

画面の向こうだけで盛り上がっていて、動物園の動物を見ているような気分になるはるる。

 

そんなブレットが住むゴールドコーストの今夜の天気は雨らしい。

ブレット)”外は、雨だよ。雨もっと降って欲しいよ。庭の手入れが楽ちんだからさ。”(←ガーデニングが趣味のブレット。)

はるる)”ふ~ん。”(←あまり興味なし。)

雨について、なんやかんや、うんちくを垂れだすブレット。

ブレット)”雨とは・・・うんちく・・・・・・・・・・話が長い・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・まだ喋る・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当に話が長い・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

で、はるるは「ボム」を見たことあるかい?”

 

はるる)”はっ? 爆弾のこと!!!????”

 

ブレット)”違うよ~!!!”

何なの、何なの、BOMって????

 

と、何が話したいのか、会話の行き先が全く見えないはるる。

あんさん、さっき雨の話してんかったかい?いったい、わたし達どこに行こうとしているんだい?

 

http://www.flickr.com/photos/21647809@N04/15534430202

photo by john cowper


BOM


ま、爆弾は”BOMB”なんだけど、ブレットの言いたい”ボム”は別物でした。
  
 

f:id:HaruruAdventure:20160423174845j:plain


 
画面の左上にAustralia Gavament(オーストラリア政府)って書いてある下に

bureau of meteorology” がBOMの正体。

bureau = 局

meteorology = 気象学

ってことで、気象局(気象庁)のことで、この気象庁のサイトのことをBOMボムと呼ぶそうです。

in the conversation


って、ことで、天気予報を見るのに、このBOMを利用するようです。

会話のなかで、BOMを使うと・・・

I have checked bom.  ボム(気象庁のサイト)見たんだけど・・・。

We are goint to get some rain.   もうすぐ雨ふるぜ~。

ってことで、ブレットの話は、BOMの使い方、見方など、その後も長く続いたとさ。